「人事を制する者は経営を制す」

「健康保険組合」への加入という方法


にほんブログ村 経営ブログへ  ←応援してください!

私の友人の会社のように、「社会保険料」の負担に頭を悩ませている会社は多いと思います。

矢萩先生からいただいた【社会保険料が3割節約できる本】(かんき出版)には、節約のためのさまざまな事例が掲載されていました。

法律を守りつつも、「社会保険料」の仕組みをよく理解し、自分の会社の考え方や制度に当てはまるものがあれば、少し制度を整備したりアレンジするだけで、意外なほど保険料が節約できる場合があるそうです。

その中で、一定の「手続きだけ」で保険料が約100万円も節約できたケ―スが載っていました。

それが「健康保険組合」に加入する方法です。

この節約方法は、どんな健康保険組合があるかを調べて、加入できるかの条件をチェックし、一定の手続きを踏むことで、保険料の節約が可能になるものです。

ある会社では、これまで加入していた政府管掌の健康保険をやめて、適合したIT関連の健康保険組合に移行した結果、年間で毎年約100万円もの「健康保険料」の節約につながったそうです。
このケースは人数が10名ちょっとでしたが、私の会社のように人数も数百名となると、その節約効果はかなり大きくなるのではと、少し期待してしまいました。



 





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/69