「人事を制する者は経営を制す」

新入社員が入社して2ヶ月



にほんブログ村 経営ブログへ
←応援してね!

我が社に新入社員のみんなが入ってきて、早くも2ヶ月が経過しようと
しています。

その間、『リッツカールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと』の
著者・林田正光さんとのコラボレーション新入社員研修に参加したり、
オリエンテーションを重ねたり、職場でのOJTに入ったりと、あっと
いう間に時間が過ぎてしまった感じがあります。

彼らと話しながら、新入社員という立場でのいろいろな悩みや思い
を聴く機会が増えてきましたが、先輩としてお世話役を担っている
木村くん達のもとには、もっと具体的な相談が入っている模様。

そんな中、「6月病」というコトバを知りました。
「5月病」というのはよく聞きますが、6月病は特に社会人になりたて
の人たちが、「やる気が出ない」「辞めたい」などネガティブな状態に
なってしまうことを指すのだそうです。

人間誰でも、初めての環境になじむまで何かしらのストレスを感じ
ながら過ごしていくものだと思います。
でも、社会人としての仕事だけではなく、職場の人間関係とか
いろんな変化に適応していかないといけない新入社員のみんな
にとって、GWが明けて職場に配属された今の時期は、心に
ぽっかり穴が空いてしまったり、何でもネガティブに捉えて
しまったりしてしまうことがあるんですね。

自分の時はどうだったろう。
私が入社したときのことを色々とふりかえってみました。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/108