「人事を制する者は経営を制す」

部活を通して得たもの


にほんブログ村 経営ブログへ  ←応援よろしく!

「ライフラインチャート」を完成させてから、最近よく思い出すことがあります。

それは、高校生時代の部活動です。

私はバリバリの運動部に入っていました。
顧問の先生は、校内一と言えるくらい それはそれは厳しい(恐ろしい)方で、
部内の規律も厳しく、練習も質量ともに厳しい、「厳しい」づくしの部でした。

でも、当時は「キツイな」とか「苦しいな」などと思いながらも、自然と足が
部室に向き、当然のように準備をして、毎日毎日練習を繰り返したものです。

特に覚えているのは、夏の合宿。
朝早くから日が暮れる夕方まで、炎天下のもとひたすら練習に励んだ一週間。
あまりに日焼けしすぎて、差し入れに来た親に別の人だと間違われたことも
ありました。

でも、へとへとになりながらも、みんなで分担して作った料理をおなかいっぱい
食べたり、夜いろいろなおしゃべりをしながら寝床についたり、チームとしての
一体感がつくられていったのもあの時だと思います。

合宿が終わったときの、あの達成感は忘れられない!
自分自身が何かひと回り大きくなったという実感が、その後の自信に
つながって、試合の結果にも現れてきて、すごく嬉しかったのを思い出し
ます。


十何年(?)経って思うのは、あの日々が、心身ともに今の自分の基礎となって
いるということと、一つのことを乗り越えるための「集中力」や、乗り越えた
「達成感」、そして、自分が成長したという実感が、自分自身を強くする糧に
なっていたんだな、ということ。

会社に入ってくる人それぞれ、運動部を経験している人もいればそうでない人
もいますが、大切なのは、最高の集中力を発揮し、仲間と達成感を分かち
合い自己成長の実感を得る経験があったのかどうか、ということだと思います。

もしそれがないのであれば、仕事で経験するしかない。
人生の限られた時間の中で大きな割合を占める「仕事」を通して、集中力を
高め、達成感を得、成長の実感を次の原動力へと変える経験を積み重ねて
いくことなんだと思うんです。

これまでの自分の人生を振り返ってみるのも、大きなヒントが隠れていたり
して面白いですね。

 





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/96