「人事を制する者は経営を制す」

勤労感謝イベント「日光街道太陽の下のてらこや」【後編】


日光街道太陽の下のてらこやの3日目、本日は社会福祉法人パステルさんの利用者の皆さまと一緒に日光街道沿いの古河宿にある野木神社にて清掃活動を行いました。利用者の皆さまとの活動の中で、私たちはどのような気づきが得られたでしょうか?まずは、利用者の皆さまが切望していることは“働きたい”ということ、“人の役に絶ちたい”ということです。「仕事たのしい?」という質問に「○○で、いま働いています。とっても楽しいです」と体全体で、ニコニコしながら、喜びを表現してくれました。

パステルさん1.jpg


施設長さんからは、「ここにいる方々は日本だから障がい者かも知れません。しかし、もしここが近代化が進んだ日本以外の場所ならば、彼らは障がい者ではないかも知れませんね。」といいながら、彼らが耕した、800坪のニンジンが植わったすばらしい農地を披露してくれました。私達以上にきれいに真剣に、そして楽しそうに掃除をする彼ら、夕日に輝く彼らが耕した無農薬のニンジン畑を見て、私たちは、働くとはもっとシンプルなものだと言葉にならないなにかを感じました。


てらこや 041.jpg

夜にはワイズティーネットワークの根本社長さんをお呼びしての講演会。


農商工1.jpg


農業と商業を結びつけ3000万円の補助金をだすという、農商工連携という最近出たばかりの法律について私達が解説し、そのあと、実際にこの認定を受けた根本社長にご講演いただきました。「日本の未来のはたらくを考える」というテーマのもと、「農こそが、日本の働くの原点!そして、農の活性化が、地域に、日本全体に活力を見出す」として試みたセミナーでしたが、IT関係の方、旅館業の方、バイオ関係の方、お菓子やさんなど、農業と共に地域を元気にしようというお客様が、小山のこの地に集まり、根本社長を囲んで大いに盛り上がりました。


4日目の朝は開運のまちと呼ばれる小山の街歩きから始まりました。以下、小山の65歳のガイドさんの話です。定年以降は、起業しないといけない。起業とは、何も会社を興すことでなく、いままでの人生の中で培ってきたことを社会に還元すること。


L1020470.jpg


自分が、何を社会に還元できるかは、いかに一生懸命仕事をし、そして遊んできたかだ!定年になって充電期間といってボーっとしている人がいるが、それは、充電でなく、放電だ!1年で、30%、2年で50%、3年で70%も、活力は放電してしまう。世の中のつながりこそが、人として最期に行き着き、そのつながりに対し、人として出来ることをして最後を迎える。本当に、歴史を教わる以上に、仕事とは、何かを、教わる貴重なこれからの仕事の取り組む姿勢をガイドしていただきました。

午後には栃木乳業さまにお邪魔して大人の社会見学、60年前の甘味のパウダーを使っているレモン牛乳はなぜか、優しい味がします。本物は、色あせない!

私が、常日頃お世話になっている松本常務さんです。

1456.jpg


東武動物公園からゴールの日光東照宮を、日光の例弊使街道コースで、徹夜でたった一日の工程で100キロを歩くという。私が、敬愛する変なおじさんです。私が嬉しいのは、松本常務さんのような、「ミッションを持ったカッコイイ大人」が沢山集まってくれることです。松本常務さんは、会社の価値観を皆でつくった際の「徹底的に挑戦する」というミッションを、部下達に会社に自ら示すべくこうして歩いたのです。今時、常務の年齢で、24時間テレビの徳光さんくらいしかやらないようなことを、しかもサポーターなしで、1人歩き通して来たのです。かつて、日本を元気にしてきた団塊の世代の方々には、敬服します。そしていま、私達は松本常務のような人生の先輩から学ぶことが沢山あるのではないでしょうか?

ゴール!お疲れさま!今年、143キロ全工程を踏破したのは、延べ、170名の参加で、3名です。その中でも、3年連続が1人、2年連続1人と続けて達成した方がいるのです。 続けて踏破する、その姿勢は、常人ではできないと思うのです。今年も、ありがとうございました。おめでとうございます。


日光ゴール集合写真.jpg

ゴールでの記念写真。「ミッションをもったカッコイイおとな」、ここにあり。


皆で、日光東照宮参拝、東照宮の巫女さん直々のガイド、そして、特別参拝です。本殿では、宮司さんから、想像上の麒麟の絵の説明をしていただきました。徳川家康は、この麒麟という動物を、彼の事業のミッションの象徴にしました。この麒麟という想像上の動物は、平和な国にしか現れないという。徳川家康の願いは、いまもこの地で、この日本を世界を見守っているようです。

なおらい2.jpg


表彰式の風景。今回は、スタッフとして今年の6月から自治会周りや、パンフレットつくり、会場の交渉、当日の裏方一切の仕事を引き受けてくれた学生達に修了証を渡しました。 働くことの大切さ、社会とのつながりそして、自らが確固たる仕事観をもってこれから社会人になる学生達に少しでもこのCSR活動をとおして、自分がやり遂げたのだという誇りと勇気をもってこれからの就職活動に社会に出ていただくための我々のエールの証として景品と共に渡させていただきました。2名の学生達の感動の涙をみて、私達自身も、この2名の学生達から挑戦することのすばらしさを学びました。一生懸命がんばり、仕事における大切なものをつかんだものしか分からない、感動の涙でした。心のスイッチが、ONになった瞬間でした。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/401