「人事を制する者は経営を制す」

日光街道徒歩行軍 本番に向けてプレイベント!


「日本の未来の働くを考える」を、テーマに日光街道143キロをひたすらゴミ拾いと、
歩くという行事を4年前から実施し、今年で、5回目。
やっと、総勢1000名を超えるイベントにまで発展してまいりました。
いよいよ本番を想定しての準備段階へ。

参加者には、人の役に立つ難しさそして、若い人たちが、
人に感謝されることがどんなにすばらしいか!を体感してもらう。

日光プレイベント 471.jpg


お金だけで動く経済から、この感謝やつながりといった
共感資本で人が動く仕事観を本番の勤労感謝の日には、
皆で考え発信していきたいと思います。

初年度は、ただ、街道を歩き、2年目は、単純に掃除をしてみるところから
はじまり、昨年は、のぼりを立て、そして、ゴミと花の種を交換し、
呼びかけるというような形で発展させてまいりました。

今年は、障碍者の方と、ゴミ拾いを予定しています。


日光プレイベント 635.jpg


私自身は、今年のプレも新たな気づきがありました。
今回のプレでは、ごみ箱の気持ちに。
ゴミを捨ててくれる人からの笑顔のありがとう。
沿道の方々からの、「おつかれさまです。」の一言から
お金では、買うことの出来ない最高の報酬を
いただきました。
そして、下坐に徹することの大切さをかんじました。


日光プレイベント 526.jpg


ごみ箱は偉い!水も感謝の念も低きに流れる。
浅草寺では、インターンの学生さんの姿から、良い経験をさせていただきました。


本番について、詳細は →→ Good job プロジェクト





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347