「人事を制する者は経営を制す」

越後湯沢に「都会からの”第2のふるさと”をつくる」というビジョンを掲げ次回プレ開催に向け話し合い


「“目には見えない大切なモノ”に気づく感性を養う研修」
―そんなテーマを掲げた研修プランの実施に向けて、打ち合わせをしてきました。

場所は、越後湯沢。

東京とは比べものにならないほど爽やかな風が吹き、緑豊かな景色が
広がる越後湯沢で、日頃から顧問としてお付き合いのある
「越後湯澤 HATAGO井仙」さんにて、話し合いを行いました。

IMG_0315.jpg


この研修プランのコンセプトは3つです。
1、”目には見えない大切なもの”の存在を知り、感性のアンテナを高める
2、日本のふるさとに存在する「縁」「結」の大切さを体感する
3、都会で働く人たちにとっての”第二のふるさと”を創造する

越後湯沢は、上野から新幹線で約1時間で行ける近さ。
そして、駅前の旅館街からさらに進むと、冬のスキーはもちろん、温泉や
トレッキング、登山、蔵づくりの街並みなど、春夏秋冬四季おりおりの
楽しみ方があるのです。

IMG_0320.jpg


今回は、そんな越後湯沢の魅力を盛り込み、さらに「体で感じる」野外
での学習カリキュラムを取り入れることで、越後湯沢に「第二のふるさと」
として愛着と誇りを感じながら、感性のアンテナや人間力を養う場として、
組み立てられればと考えています。


IMG_0313.jpg


企業の価値・社員の幸せの度合いをはかるモノサシとは、一体どのような
ものか?
今、多くの企業から問い合わせをいただくテーマです。

今こそ、目に見える「お金」だけではなく、働く誇りや感謝の念、まわりから
の承認、仲間とのつながりなど、
”目には見えない”部分を大切にした組織作りに注力していく必要があります。

IMG_0337.jpg

そして、豊かな自然や土地の歴史からの気づきを、職場の中での実践に
つなげられるよう、体を動かし体で学ぶ場作りをしていきたいと思います。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/337