「人事を制する者は経営を制す」

「人と環境と社会にやさしいビジネス」講演に行ってきました!


先日、有限会社人事・労務さん主催の
日本ES開発協会の定例会に参加しました。

環境とCSRと志のビジネス雑誌 「オルタナ」編集長 森摂さんを講師にお迎えし、
「人と環境と社会にやさしいビジネス」をテーマにお話しいただく講演会でした。


オルタナ表紙.jpg

 基調講演では、「ソーシャルビジネスという企業の新しい選択肢を探る」
と題して、「サッカー大国は実は環境大国であった」など、
森さんならではのユニークな視点から、日本の環境・資源への意識の低さや、
日本の将来が今ここにいる私たちの背にかかっていることを熱く語ってくださいました。


第二部は人事・労務の矢萩社長との対談でした。

0625-2.jpg

テーマは「志の大きい企業が社会を変える」。
金融資本主義から知識資本主義、
そして今、絆を中心とした共感資本主義へと変化したこれからの時代、
経営者が社会貢献を意識したビジネスに転換し、
若者が知名度で企業を選ぶことを辞め、ソーシャルな企業を選ぶことが、
持続可能社会につながることを確認することができました。


持続可能経営の事例として、
オーガニックのスポーツウェアメーカーの、パタゴニアという企業があります。
パタゴニアでは、本来30%以上上げられる売り上げ成長率を、
年間2%までに抑え、100年後を見越して経営の意思決定をする
という方針を示しているそうです。

0625-1.jpg

また、「ただ給料を上げるだけ、甘やかすだけがやさしさではない。」
というまさにESの考えにのっとって、
例えば社員はいつでもサーフィンに行って良い事になっていますが、
個人の責任は重く、チームとしての助け合いの精神も浸透させているそうです。

今回の定例会では、個々人のESに対する理解と、
ESとCSRの関わりに対する意識を高めることができました。

今後は私たちの会社でも、ソーシャルビジネスの意識を広め、
「本業を通じた社会貢献」を実現する志の高い企業・人材を創り出すために、
さらなる地域活動・啓蒙活動に励んでいこうと思います。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/195