「人事を制する者は経営を制す」

タイガーウッズも実践中!?


にほんブログ村 経営ブログへ ←応援してください!

ちなみに、タイガーウッズは、試合のときに「相手の選手の玉がホールに入れ」と強く願うそうです。

「外せ」と思う選手は、脳が「外せ」=自分のことと認識して、自分の番になったときに外してしまうそうですよ。

でも、自分の勝ち負けにかかわる場面で相手を応援するというのは、簡単にできることではないですよね。

特に恋愛の場合とか?!

それは訓練なのでしょうか?!

なんて、セミナー中に考えてる場合じゃないですね!

そんなことを考えているうちに、あっという間に篭池先生の話が終わりました・・・

今回のセミナーで、日々の仕事へのモチベーションがとても刺激されました。

今まで悩んでいたことも、くよくよ考えていてもしょうがないわ。

まずは、やってみよう。

明日からまたがんばろう!





質問・お問合せ


コメント

脳は、相手に対しても「否定的」な考えを持つと
自分と捉えてしまうんですね。なかなか厄介ですね・・・

自分が危ない立場になると人なんて応援できない
モノですよね。
西園寺さんのおっしゃる通り!特に恋愛においては。

ところで、「脳」と「悩む」という字はよく似ていますね。
きっと、大きい脳(どしんと構えている脳)が
クヨクヨ小さい事を考える脳になってしまった時を
悩むというのでしょうかね。

いつでも、前向きな脳でいないとですね。

投稿者 パナパナ : 2006年09月26日 18:44

> パナパナさんへ ---------------------------

コメントありがとうございます。
なるほど。

 『大きい脳(どしんと構えている脳)がクヨクヨ
  小さい事を考える脳になってしまった時を悩む
  というのでしょうかね』

そうですね。納得しました。
自分に対してだけでなく、相手に対しても否定的な考えや
言動をするのではなく、前向きに考えていくことって大切。

そういう考え方が、自分をさらに一回りもふた回りも
大きく成長させてくれるのだと思っています。

投稿者 西園寺千代 : 2006年10月15日 21:08

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33