「人事を制する者は経営を制す」

平野秀典氏セミナーに参加して【木村君のレポート】



にほんブログ村 経営ブログへ
←応援よろしく!

★皆さん、こんにちは!
 今日は、先日の㈲人事・労務主催・平野秀典さんセミナーに
 一緒に参加した部下の木村君のレポートです! By 千代


先日、蛯原部長、西園寺課長に
(有)人事・労務主催の「心のスイッチをONにしろ」というセミナーに連れて
行っていただきました。

このセミナーは以前からご紹介させていただいている通り、(有)人事・労務
の矢萩先生と感動プロディーサーの平野先生の講義で、キャッチコピーにも
興味を惹かれて、とても楽しみにしていました。

講義は矢萩先生と平野先生の2部構成。
第1部の矢萩先生の講義は、ワークショップを通して「仕事とは何か」、
「自分は仕事を通してどういう人間になりたいのか」といったことを
改めて考えさせていただいて、漠然と仕事に追われ毎日を過ごしている
私には、かなり刺激的で、目が覚めるような講義でした。

その中で印象に残った言葉があります。

仕事の報酬はお金ではない。
仕事の報酬は「仕事自体」、「能力」、「自己の成長」、「承認」である。

私も入社してはや3ヵ月、振り返る余裕はまだあまりないのですが、
できなかった仕事ができるようになったり、気付かなかったことが
気付けるようになったりしていると感じるときがあります。
それが、まさに仕事の報酬の「自己の成長」であると実感しました。

第2部の平野先生の講義は随所に感動的な話をされて、隣を見ると
西園寺課長も目を潤ませていました。
最後には私の心にも「熱いもの」がグッとこみ上げてきました。

平野先生が言っていました。
「人は皆、共演者」。

私も素晴らしい共演者と人生を過ごしていきたいです。

このセミナーを通して自分自身をよく見つめて目標を持って
仕事に励み、周りの人と感動を分かち合えるような社会人に
なりたいと思いました。

やる気とエネルギーをいただいて、「心のスイッチ」がONに
切り替わった素晴らしいセミナーでした。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/111