「人事を制する者は経営を制す」

「成功体験記」は採用活動にも活用できる!?


にほんブログ村 経営ブログへ  ←応援よろしく!

先日のセミナーで学生のみんなに書いてもらった「成功体験記」を読み返していると、ユニークなものがありました。

その学生のご両親は会社を経営しています。
でも、自分はそこを継がないで会社に入り、何と、親の会社の方は駐車場にして儲けようという発想でした。
駐車場で儲けつつ、会社での仕事にも生きがいを見出し、夜中でもがんばって働いて、トップを目指すという考え。

ただ楽をして儲けるのではなく、組織の中で自分の人生の成功を得るために働く。
お金ではなく生きがいとして、仕事と向き合う。

確かこの学生は、いかにも”イマドキ”の若者の風貌をしていました。
ここまでしっかりとした成功イメージを持っているとはどうしても感じられませんでしたが、確かに彼の成功体験記なのでした。

この「成功体験記」は、採用の際、その学生のことを知るいい材料になると思いませんか?
第一印象や外見からだけでは分からないその人の芯の部分や潜在的な部分が見えてきますよね。
うちの会社でも内定者に書いてもらえば、部署の配置とかに生かせるのかもしれない。
適材適所が人事部の追い求める部分でもありますから。
 





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/76