「人事を制する者は経営を制す」

グリーンフェス~各ブース紹介~


11月3日(土)、第3回グリーンフェスが春日部庄和総合公園にて開催されました。
昨年協賛していただいた企業とプラス5つの企業が加わり、ブース出店者も春日部市民の方や企業・団体や栃木県から出店していただいた方もおり、質の高いブースが立ち並んだことから、グリーンフェス全体の向上につながりました。
出店していただきました皆様、ボランティアで協力していただいた皆様、遊びにお越しいただいた皆様本当にありがとうございました。
では、ここでこの度、人に地域に環境にやさしい持続可能な社会づくりにご協力していただきました、各ブース出店者をご紹介させていただきます。


1 あ.JPG

◎コケカゴ&キャンドルづくり(ステア)
はなまるマーケットでも紹介されたステアさんのコケカゴ販売とキャンドル作家の若林さんによるキャンドルつくりはとてもカラフルで、体験した親子オリジナルの物ができ、思い出に残るブースとなりました。

2 い キャンドル.JPG


◎本格そば打ち道場(合名会社北川製粉所)
プロのそば打ち職人とそば打ちを気軽に体験できるこのブースは、グリーンフェス皆勤賞!本年も名物イベントとなり、お年寄りから小さなお子さんまで日本の文化にふれることができました。

③ 1103 329.JPG


◎そばクレープ
フランスのブルターニュ地方ではなじみの食材、そば粉を使ったガレット!今年も大盛況で、ツナコーン・リンゴ・さつまいも・イチゴジャム・ブルーベリージャムの5種類もの味をお楽しみいただきました。一番人気は日暮さんから仕入れたご自慢のリンゴでした!

④ 1103 323.JPG

◎野菜直売&すいとんブース
地元埼玉県のお野菜を使用したすいとんブースは12時前に一度完売するなど、ご年配の方に大人気となりました。出店者は初めての試みということもあり、売れるのか心配していましたが、地元の味は根強く、春日部は地産地消を大切にしている地域だと改めて実感しました。また、地元の秋の味覚は大人気で、越谷産の舞茸としいたけは即完売!日本の働くの原点である農業の魅力を直売所を通して、少しでも伝えることができたのではないかと思いました。

お.JPG


◎ミートショップ関根のやきそば&からあげ屋台
地元埼玉県の黒豚を使用していることから、今年も売り上げNO.1!来場者だけにとどまらず、運営側のJESメンバーの間でも大人気ブースです。

◎昔ながらのおもちゃ体験ブース(吾妻商事株式会社)
お父さんやお母さんが小さいころどんな遊びをしていたのか、便利な世の中だからこそ、体感して、感じてほしいものがたくさんあります。
大きいテントを二つ活用しての大規模なブースとなり、お子さんたちが途切れることなく、遊びにきていました。

⑦ 1103 285.JPG


◎体験!凧づくり(大凧保存会)
春日部と言えば「凧」というぐらい、お店や役所、駅等に飾られています。そんな伝統工芸且つ名産を体験することができる凧づくりは本年も小さい子供たちに大人気でした。お孫さんのつくった凧を大切そうに持っているご年配の方々が会場にたくさんいらっしゃいました。

⑧ 1103 314.JPG


◎絵本の読み語りとハーモニカ演奏(光丘真理氏&石田隆氏)
今年2回目!プロの絵本作家が間近で絵本の読み語りを行い、さらに他では行わないハーモニカとのコラボレーションは2回公演共満席でした。
また、本年は障がい者施設の方々も来場いただきまして、会場はさらに盛り上がりました。
絵本を通して少しでも「働く大切さ」や「おもいやりのこころ」が根付いてくれたならとこのイベントの場つくりの大きな成果だと誇れると思いました!
く.JPG


◎コミュニティカフェ(春日部市民の石山さん、横浜ボランティアの安藤さん、石井造園株式会社)
本年のコミュニティカフェは4つのブース出店者に分かれたことから、メニューもバラエティに富んでおり、隣のイートスペースは常に満席でした。
今年初の天然酵母パンと焼き菓子やマカロンとシフォンケーキ、自家焙煎珈琲等全て完売!
皆様の身体と心にやさしいものを、お届出来たと思います。
け-2.JPG


◎牛串屋台(株式会社前田牧場)
遠路遥々栃木県の大田原市からお越しいただきました。限定300本の牛串は大人気で行列ができていました。また、女店主の竹原さんは元気で明るいことから、すぐに地元の皆様と溶け込み、多くのファンをつくっていました。
来年もぜひ参加したいと言ってくだっさっているので、スタッフ一同今から、楽しみにしています。
こ.JPG

◎移動動物園
都会では、中々ふれることができない自然とふれ合うことができる移動動物園ブースを今年も行いました。時間ぎりぎりまで、子どもたちは動物たちに夢中だったので、こういった機会をつくっていくことは本当に大切だと再確認しました。
⑫1103 227.JPG


◎本部
最後に、本部ブースでは、今年も500個の風船とノベルティであるクレヨン100個を来場者の皆様にプレゼントしました。
また、今年初のスタンプラリーと昨年も大人気だったじゃんけん大会は子どもたちに大盛況で、何度もスタンプに熱中する子どもたちは、会場を所狭しと駆け回っており、会場を盛り上げてくれました。
運営側も4日前に急遽とりいれたので、皆さんが喜んでくださるか本当に不安でした、一つずつ新しい挑戦が形になったことは大きな成果だと思います。
しー1.JPG

また、来年も皆様がさらに楽しく「日本の未来の“働く”を考える」ことができる場つくりを目指して行きたいと思っておりますので、来年も是非遊びにきていただけると嬉しいです。
14  1103 311.JPG





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/415