「人事を制する者は経営を制す」

小冊子「飲食店でおきたトラブル事件簿!Part1」


飲食業界において起こりやすいトラブル事例を物語形式で紹介し解説している小冊子が完成しました。

トラブル事件簿JPEG.jpg


昨今、飲食業界では、解雇問題から未払い残業問題にいたるまで様々な問題が起きています。平成23年度の厚生労働省のデータを見ても個別紛争解決における相談、助言・指導、あっせんの総合労働相談件数が110万件に到達しています。

詳細はこちら
http://www.shugyo-kisoku.com/sasshi_toraburu.html


また、2006年4月から開始された労働審判制度も広く認知をされておりますので、従業員側からすれば、労働基準法違反があればすぐに行政に訴えることができます。

このような状況から、自分の店舗を守るために経営者は、正しい労働基準法の知識や、労務管理の方法を学ぶ必要があります。

今回の小冊子の解説部分についてもわかりやすく解説をしておりますので労働基準法に詳しくない方にも読みやすい小冊子となっております。

小冊子目次
1. はじめに
2. 事件1 元従業員が労働基準監督署に駆け込んだ
3. 事件2 店長が店長じゃない?
4. 事件3 アルバイト従業員が通勤中に怪我をした!
5. 事件4 従業員が突然辞めると言ってきた!
6. 事件5 従業員が店のレシピをライバル店に流出させた





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/414