「人事を制する者は経営を制す」

東京マラソン


先日開催された東京マラソン!

私の会社のスタッフが参加をするというので、
応援に行ってきました。

もちろん応援場所は、私達の会社のある浅草雷門前。
今年もたくさんの人達が雷門の前を通過していきました。

東京マラソン.jpg

車椅子の選手にも、先頭集団の選手にも、一般参加のランナーにも、
一人ひとりに精一杯の応援をしてきました。

前だけを見て走り抜けていく人、応援にこたえて手をあげてくれる人、
楽しそうに笑顔で走る人、つらい表情で精一杯走る人。

応援しながら、参加者皆さんの頑張りに、とても感動していました。

夜、テレビで、東京マラソンの特集をやっていました。

そのときに、出場ランナーを何人か取り上げていました。

「完走したら、プロポーズするんだ!」 とか

「昨年奥さんが亡くなり、走る気力もなかったが、
もう一度奥さんとの思い出のマラソンにチャレンジした。
途中辛いときに、奥さんが天国から背中をおしてくれて、
ゴールできた。奥さんと一緒にゴールしたんだ」  とか、

「飲酒運転の車にはねられ息子さんをなくした方が、
『飲酒運転撲滅』のステッカーを貼って参加した」 とか・・・・


あの3万人を超える1人1人に、
それぞれ東京マラソンへ参加する想いやストーリーがあったんだなと感じました。
そして、浅草雷門前で私の前を走りぬいていった、
1人1人の顔が思い浮かび、あのランナー皆に一つのドラマ・ストーリーが
あったのかと思い改めて感動してしまいました。

3万を超えるストーリー!
来年こそは、私が自分のストーリーをもって走りたいと思います!!!

参加した会社のスタッフは、3時間25分を切る好タイムでゴールしました。
本人の目標には少し届かなかったようですが。

それでも42.195キロメートルを走れることがスゴイ!





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/296