「人事を制する者は経営を制す」

舞台「帰国」を見て。


倉本聰の「帰国」という舞台を見てきました。

「帰国~1.GIF

第二次世界大戦のさなか、国や家族を思い、
命をかけた英霊たちが、現代の日本を見に、一時帰ってくるという内容です。


そこで英霊たちがみた光景とは。


近くにいても、文字だけのコミュニケーションをとっている携帯電話の普及。

家族を病院にあずけたまま、お見舞いにもいかない家族の絆の喪失。

子供たちの心は歌をうたうことを忘れていないか。

若者は、俺には関係ないと歌い、豊かさを甘受していないか。

生や死を感じる文化があるか。

そんなことが表現されていました。


戦中、戦後の日本を支えたものの正体が、
人への想いや祖国を愛する気持ちであったなら、
私は、その世代の方々の想いを、感じず、考えず生きてきたような気がします。

今、この日本で、幸せや豊かさのためにできることは、
人と人との絆を結び、誰かを思い生きることの強さを感じる機会を
つくることが考えられないかと思いました。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/225