「人事を制する者は経営を制す」

USENの収録現場へ行ってきました!


先日、USENにて
有限会社人事・労務の代表 矢萩さんと
環境とCSRと志のビジネス雑誌「オルタナ」編集長 森さんとの
対談収録現場へ行ってきました。

100622USEN 011.jpg

内容はお二人の社会観や人材観などが主なものでした。

「20世紀のモノサシを21世紀型に」
売上や株価を重視する時代は終わりを告げ、
これからは社員を大事にする時代です。
これから生き残っていく会社は21世紀型の
モノサシを持ちます。この21世紀型のモノサシ、
これこそが森氏の言う「オルタナティブ」なのだそうです。

100622USEN 017.jpg


その中で印象に残ったのは以下の点。

・若者が知名度で企業を選ぶことを辞め、志で選択することが持続可能社会を実現する
・環境対策はコスト要因ではない、むしろこれからの経営の根幹となる
・和菓子屋さんは地域との密着度が強く、CSRの実行性が高い
・ガソリンの価格は300円まで高騰している。などの生々しい未来予想
・環境意識の強い国はサッカーが強い!?

といったような、思いもしないような
ユニークなお話から、今後の日本社会のあり方まで、
幅広い視点の在り方を知ることができ、
とても有意義な時間を過ごすことができました。 





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/198