「人事を制する者は経営を制す」

無料小冊子受付スタート!!志の高い社員を創る「ES向上型人事制度」とは


無料小冊子プレゼント中!
志の高い社員を創る「ES向上型人事制度」とは
~30年後も成長し続ける会社を目指す!~

志の高い社員を創る・・・表紙画像.JPG

     ~小冊子もくじ~
■ 3つのS(Satisfaction)を満たす志の高い会社が生き残る時代
■ なぜ社員は「一生懸命」に働かないのか
■ 働く意欲のカギは「非金銭的報酬」と「高い志」にある
■ カリスマ社長の手法と思いを再現性のある「人事制度」へ
■ ES向上型人事制度の基本となる等級基準とクレド
■ 人事評価の3つの視点とウエイト
■ ~「目標」だけでなく、社員が高い「志」をもつ会社を目指して~
                            (B5版 25P)


日本経済新聞が新設法人8万社の行方を調査したところ、
存続率は1年後60%、3年後38%、5年後15%、10年後5%だったといいます。
会社が100社出来ても、10年後に残っている会社はわずか5社しかないということになります。

会社はどのようにすれば、10年、20年、そして30年と存続してゆくことができるのでしょうか。

当然のことですが、世の中から必要とされなくなった会社は淘汰されていきます。
長く続く企業は、単にお金を稼ぐだけでなく、理念や理想を高くもち、社会に貢献しているのです。

グローバル化が進んだこれからの時代、
一つの会社が成長し、生き残っていくためには、
これまで以上に「必用」とされる企業にならなくてはならないでしょう。


その鍵のとなるのが3つの「S」(Satisfaction)なのです。

①顧客満足(CS:Customer satisfaction)
②従業員満足(ES:Employee Satisfaction)
③社会的満足(SS=Social Satisfaction)

これらは実は、密接に結びついています。
社員の仕事へのモチベーションが高まらないのはお給料が低いからなのでしょうか?

今、実際に伸びている成長企業の共通点を人事制度の観点からとらえ、
志の高い社員を創り、成長し続ける会社を創るための考え方と
具体的な取り組み手法をご紹介しています。


#お申し込みはこちらから#

★誰を管理職にしますか? (小冊子本文より)
あなたの会社のAさんからEさん。全員入社15年目。38歳です。誰を管理職に推薦しますか?

名称未設定-1.png


⇒答えは、小冊子 20ページで。





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/160