「人事を制する者は経営を制す」

USENに行ってきました


にほんブログ村 経営ブログへ ←応援してね!  

先日、矢萩先生から「久しぶりにUSENに出演する」とのご連絡を頂きました。

しかも、今回はパーソナリティとしてではなく、ゲストとしてインタビューを受けるとのことでした。

もちろん参加をさせて頂きました。

当日は久しぶりの参加ということもあって少し緊張しながら渋谷のスタジオに行きました。

既に、矢萩先生はスタジオでパーソナリティの瀧澤さんと打合せをされていました。

挨拶をしようとして目に飛び込んできたのは数枚の衝撃的な写真でした。

その写真には、矢萩先生が学ランをきて怖そうに睨んでいる姿がそこにはありました。

学生時代に応援団の副団長をされていたときの写真だそうです。

IMG_2848.jpg なぜ、こんな写真があるかというと、今回の収録では矢萩先生が「なぜ社会保険労務士という仕事を選んだのか?」「これまでの人生経験がどのように今の仕事に活かされているのか?」などの質問に答えるための参考資料(?)としてお持ちしたそうです。

さて、気になる収録の内容ですが、今まで何度もお会いしてきましたが初めて聞く内容ばかりで、とても新鮮でした。

特に、矢萩先生が社会保険労務士になろうと決意したきっかけが印象的でしたので、ご紹介いたします。

元々、大手ゼネコンに入社し新入社員として事務方の仕事をされていたそうです。だんだん仕事にも慣れ、退屈に思い始めた頃、現場で労災事故が発生したそうです。

その時に、当時顧問についていた社会保険労務士の先生が全力で会社をバックアップし、そして遺族の方のフォローも丁寧に対応されたそうです。

そして、その先生が会社と遺族の双方から感謝される姿をみて、自分自身が応援団の副団長をしているときの「人のためになる仕事につきたい」という思いが蘇ったそうです。

そんな「思い」があるからこそ、社会保険労務士として、企業の「人」の専門家として、悩んでいる社長さんや幹部の方の助けになる仕事をしたいと活動をされているとのことでした。

私自身も、営業部から人事部への配置転換のときに思い描いた、「みんなの笑顔を増やして会社を盛り立てたい」という思いを忘れずに初心に返りたいと思いました。

ちなみに、今週からUSEN i-26チャンネルで放送が開始されるそうですので、気になる方はチェックして下さい。

USENのHPはこちら⇒http://music.usen.com/modules/I/content00026.html

また、矢萩先生の写真が気になる方はパーソナリティの瀧澤さんがブログにアップしているので、そちらをご覧下さい。

瀧澤さんのブログはこちら⇒http://bizstation.selfstudy.biz/article/102945384.html





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133