「人事を制する者は経営を制す」

木村君の「ホウレンソウ」


にほんブログ村 経営ブログへ  ←応援お願いします!

以前ご紹介していた、うちの会社の「新入社員受け入れプロジェクト」。
わが人事部の木村君をリーダーとして、その後、着々と進んでいます。

このプロジェクトは人事部管轄のものなので、つど進捗を私に報告するようにと
木村君には繰り返し言っているのですが、どうも彼は「ホウレンソウ」がまだ
徹底できていない様子。

先週も、定例のプロジェクトミーティングの後、私には何も報告をせずに
帰ってしまったので、翌日キツク言っておきました。

この「繰り返し言う」ということは、保田部長から教えられたことです。

私は、一度がちっと言えばさすがに理解してくれただろうと思って、そのままに
してしまうところがあって、それを以前保田部長に注意されたことがありました。

「相手が理解するまで、行動して習慣化できるようになるまで、繰り返し何度も
言わないといけないんだよ。」

最初はその意味が分からなかった私も、今は少し変わりました。
こちらが思っているほど、相手に伝わっていないことって、たくさんある。
相手が「しつこい」「おせっかい」と思うくらいまで、伝えなければならない。

そこで大事なのは「相手のことを思って」伝える、ということなんだと思います。
独りよがりは良くないですよね。

仕事を通して、自分の短所や改善点が見えてくる。
仕事とは、単に知識やスキルを身につけるだけじゃなくて、「自分を成長させる」もの、
それを、木村君はじめ、新しい世代のみんなにも伝えていきたいと思います。

 





質問・お問合せ


コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://wakuwaku-palm.main.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/92